• これからの時代にこそのリーダー大原孝治

    大原孝治氏は、株式会社ドンキホーテホールディングスの代表取締役社長で、1993年に入社しドンキホーテの第一号店の府中店から様々な店舗を経て先代の創業者でもある社長から譲り受ける形で代表取締役に就任しています。

    大原孝治氏の人間像を見てみるとそれほど派手な経歴や言動があるわけではありません。どちらかというと地味な印象さえもってしまいます。しかしその手腕は確かで、つねに革新を起こし続けるそのスタイルは先代の理念を受け継ぎ、そして大原流ともいえるそのスタイルが時代を読み取り、成長を確かなものにしているのです。

    最近の中では中国人の日本観光ブームに着目して様々対応をはかり売上に結び付けています。また早くから免税免許を取得するなど先見するその目がさらに追い風になっているといえます。ドンキホーテは全国に店舗を構えていますが各店舗によってその営業方針は違います。それは地域に応じてさまざま営業スタイルがありそれを現場主体で行わせている所も素晴らしいところです。

    雇用についても変わっていて、「あなたのフリーターをやっている理由をお聞かせ下さい。それにあったこようスタイルで雇用します」など、他では見られないアプローチを随時仕掛けていくところにその素晴らしさがあります。改めてになりますが大原孝治氏は一見地味な印象です。しかし先代から受け継いだ、経営スピリットと本人の人間性の融合がこれからの時代にマッチしているリーダーといえます。

    経済について